溢れる20のお題



01 もっともっと
「遊んでー。ねぇねぇねぇねぇ構ってー構ってーっっ」
「お前は、まーだ満足しないのか」




02 背伸びはやめて
「リモコン!! リーモーコーンー!!」
「駄ー目。お前もテスト前だろ」





03 大好きだから
「いつものくださーい」
「よく飽きないよな。お前」




04 意地っ張り
「おーい」
「・・・」
「おーい。そろそろギブアップしたら?」
「やだーっ。今日は出来そうな気がするの!!」
「俺は全然色が揃ってる気がしないけど、気のせいかなぁー?」




05 ごめんね?
「早月の傘だったのに、早月の方が濡れちゃったね」
「いいよ。別に」




06 嘘 
「そろそろ、うちらも彼氏見付けるか。尋ちゃん」
「そうだね。康子ちゃん」
「美優がいたら『あたしはー? 仲間外れにしないでー』とか言うだろうけど」
「そもそもあの二人の関係が曖昧すぎるんだよね」
「彼氏彼女と言えば嘘だけど」
「全く他人と言えばそれも嘘だ」


07 真実
ああ、そういえば。
「親子だったね」
「もしくは飼い主」




08 何もできないけれど
「・・・これ何? 日本語? 何の教科書なの?」
「でしょ? だからね。手伝ってやるとか意味不明なことを言わずに一人で遊んでなさい」




09 優しさと愛情
「熱いから気を付けろよ」
「うんっ」




10 いつのまにか
後ろに流れるテレビの音にも慣れた。


11 寂しい
今日は宿題大量の模様。勉強、一向に終わる気配なし。



12 小さな幸せ
「早月ー。待ちくたびれたよー。撫でれー」
「・・・はいはい」




13 迷惑
「だって凄い接戦だったんだよ!! 見てて体に力が入っちゃってーっ」
「だからって俺の枕をぎゅうぎゅうに押しつぶして良いわけないだろ」




14 迷子
「昨日さぁー。あたし、捨て猫見たんだー。迷子かもしれないけどー」
「うんうん」
「おどおどビクビクしてて」
「あ、美優みたいだと思ったんでしょ。尋ちゃん」
「さすが康子ちゃん、分かってる」
「おいっ」




15 孤独
対処法。早月の部屋に非難。




16 いつかきっと
「早月をぎゃふんと言わせたる!!」
「出来ないに一票」
「ハモるなーっ!」




17 僕らだけの
ここで過ごす時間は、二人だけの思い出。




18 築く
「早月ー。この間テレビで見たんだけどね。トランプでピラミッド、作れるかなぁ」
「・・・多分、お前には出来ないと思うよ」






19 軌跡
過去、お隣さん。現在、お隣さん。


20 ずっと一緒
未来、お隣さん?






※02、11は、おまけがあります。
お題がリンクになってます。


【本編目次へ】 


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。